鼻整形クリニックランキングマップ|鼻整形でもっと美しく

ホーム > 鼻の整形について > 鼻の穴を小さくするための美容整形

鼻の穴を小さくするための美容整形

鼻の形は色々ありますが、穴の大きさも人それぞれ違います。
小さい人も呼吸がしにくいですが、大きい人は外見からも目立ってしまいます。
そこで美容外科の整形では縮小するコースがあり、メスを使って切開をして小さくできます。
施術をするときは麻酔クリームを塗って、それから局所麻酔の注射をするので麻酔から痛みがありません。
またこのコースでは鼻の穴の形によってタイプがあり、外側に張り出している人といない人で分けられます。
穴が少し張り出して大きくなっている場合は、穴の内側を皮膚と組織を切開して小さくします。
また外側に大きく張り出してしまっていたら、外側の余分な皮膚と組織を切開して縫合するようになります。
そして穴も大きく外側にも張り出している人には、内側からと外側からの切開法がおすすめです。
ただあまり余分な皮膚や組織を切開すると縦長の穴になってしまいます。



脂肪溶解注射でする鼻の整形コース

体についている脂肪は肥満の原因で、脂肪を燃焼させてダイエットをします。
また脂肪は体だけでなく、顔でいえば頬やあごについています。
そして鼻にコンプレックスがある人には、大きく張り出しているのも悩みです。
この部分にも脂肪や皮膚が分厚いことが原因で、他にも骨が発達していると大きく見えてしまいます。
美容整形ではどんな原因のコンプレックスも治し、脂肪や皮膚が分厚い鼻には脂肪溶解注射があります。
脂肪溶解注射のコースはダイエットで使い、痩せたい部分に注射を打つ事で脂肪がなくなります。
脂肪溶解注射を打つ時には麻酔クリームを塗り、それから注射をするのでちくっとした痛みもありません。
脂肪細胞を溶解することができるので、リバウンドの心配もないのがメリットです。
また施術後の鼻は浮腫の状態ですが、数時間後で腫れは引きます。



鼻の根元がごつい人の為の美容整形

顔の真ん中にある鼻は大きいと目立ってしまい、特に女性の場合は男性っぽく見えてしまいます。
大きい人には根元から大きい人もいれば、穴が大きく横に広がっている人など色々です。
男性っぽく見えるのは根元から大きい人で、この場合は骨を削って細くするようにしなくてはなりません。
美容整形では施術後の傷跡がわからなくする施術が多く、鼻のコースでも内側からメスを入れるので安心です。
また美容整形で使われる局所麻酔を打つ時も、痛みを感じないようにクリームを塗ってから打つので安心です。
内側からメスを入れたら余分な骨を削り、縫合したらギブスを1週間固定させます。
また鼻にはシリコンプロテーゼのコースがあり、中に入っている人もいます。
この場合にはシリコンプロテーゼを抜かなくてはならず、一度抜いてからまた入れなおす施術もできます。

次の記事へ

MENU

ページの上部へ戻る